男のハワイ一人旅

男のハワイ一人旅の基本

【あとがき】30年後も使えるハワイガイドを目指して

【あとがき】30年後も使えるハワイガイドを目指して

全12章にわたり、男のハワイ一人旅における、その楽しみ方、注意点について解説してきました。

で、本稿を読まれた方の中には、「もうちょっと、ここのところについて、詳しい情報が欲しいな」と思われた方もいるかもしれませんね。

例えば、本稿では、男のハワイ一人旅の宿泊先として、「コンドミニアムのスタジオタイプの部屋がオススメだ」とは、お伝えしていますが、具体的なコンドミニアム名までは触れていません。

また、男一人で利用しやすい飲食店として、「カウンターがある店や日本人旅行客が来にくい店がオススメだ」と述べていますが、オススメの店舗について、あまり詳しくご紹介していません。

そう言ったところを「もっと詳しく知りたい」と思われるのは、当然のことです。

で、実際のところ、男一人にオススメのコンドミニアムであっても、飲食店であっても、現在における具体的な名前を挙げることは可能です。ですが、本稿では敢えてしなかったんですね。

なぜかというと、ハワイの情報は、宿泊施設であっても、飲食店であっても、移り変わりが本当に早いからです。なので、「ここがオススメ!」みたいなことを書いても、5年も持たない可能性があるんですね。

ホテルは買収などで名前が変わることがありますし、飲食店は、閉店や移転が本当に多いわけです。なので、これらの情報は、常に最新情報で調べて、判断する姿勢が必要になってしまうんですね。

一方で。ハワイ男の一人旅に向いている宿泊先の選び方としてご紹介した、「クヒオ通り近辺のビジネスホテルは過ごしやすい」といったノウハウは、おそらく30年後も変わっていないはずなんですね。

「男のハワイ一人旅」にあたり、本稿はでそう言った本質的で長く使えるノウハウを中心にご紹介しています。その結果、具体的な宿泊施設名や飲食店を詳しく述べなかったわけです。

さて最後に。男のハワイ一人旅を終え、帰りのホノルル空港でその旅を振り返っている時に、あなたが「楽しかったな、またハワイに来たいな」と言う気持ちになっていたとして。

本稿がそれに少しでも貢献できていたら、それより嬉しいことはありません。

ホノルルコーヒー、麻布十番店にて。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top